製品について

友岡化研株式会社は京都市を拠点に優れた品質の高分子凝集剤を提供すると共に、長年に渡り蓄積した応用技術で、
多種多様化する排水、汚泥の浄化に技術サービスを提供しております。

高分子凝集剤

高分子凝集剤とは・・・

水をきれいにするということは、水に混じり合っている物質を水から分離するということです。
水質の状態に合わせて様々な処理方法がありますが、凝集処理という方法が基本となっています。この凝集処理に使われる薬剤を凝集剤と呼び、凝集剤は無機系凝集剤とポリアクリルアミド系の有機系凝集剤に大別されます。このポリアクリルアミド系の有機系凝集剤のことを高分子凝集剤と呼んでいます。
近年、高分子凝集剤は多種多様な排水の処理に対応するため、多品種が必要になっております。 弊社ではこれらのニーズに答えるため、さまざまな種類の高分子凝集剤を用意しております。使用に際しては、最適品の選定試験を実施を致します。

凝集処理について

凝集処理は、凝結作用、凝集作用の二段階からなります。

凝結作用・・・
一般に水の中にある粒子は、電荷を帯びているので、静電気的な反発力が働き、時間がたっても沈降しないし、通常の物理的な処理では取り除けません。水処理ではマイナスに帯電した粒子を除去するケースが多いので、プラスに帯電する凝集剤(または凝結剤とも言います)を入れて電荷を中和し、ファンデルワールス力(分子間引力)が働き粒子の小さな集合体が出来ます。これを凝結と言います。一般には無機系の凝集剤が使われますが、有機系の凝結剤もあります。
凝集作用・・・
凝結した小さな集合体をさらに大きくすると、沈降速度が速まり、水と粒子の分離が効率的に行えます。この小さな集合体を集めて大きな集合体(フロック)を作る事を凝集と言います。 この凝集には有機系の凝集剤、つまり高分子凝集剤が使われます。
高分子凝集剤 イメージ 高分子凝集剤 イメージ
男子トイレ用尿石付着防止剤 ショウシュウボーイ KF52、KF156

バイオパワーで尿石と悪臭を抑制します。

ショウシュウボーイには、排尿中の有機物を活発に分解する微生物が含まれています。この微生物が昼夜を分かたず活動して尿石が小便器に付着するのを防ぐので、アンモニア臭などの悪臭を防ぎます。

小便器の清掃時間が短縮できます。

微生物の働きで小便器に付着する有機物などを分解し、尿石の発生を抑制しますので、小便器の清掃が容易となり、清掃時間が短縮できます。

浄化槽に悪影響を与えません。

納豆菌の仲間の天然に存在する微生物を使用していますので、浄化槽活性汚泥中の微生物に悪影響を与えません。

ショウシュウボーイ イメージ